製品のご紹介

製品リンク

  • CE型
  • CREIPER(クレイパー)

[特許:CE型]薄焼き卵、クレープ生地など、薄皮の調理の量産なら何でもおまかせあれ!EV・SL・MNタイプと組み合わせて生産性をさらにアップ。最も難しいと言われる極薄クレープ製造をご要望にお応えして遂に自動機械化いたしました。

製品仕様

装置寸法 幅1,300×奥行1,200×高さ1,200mm
装置重量 約260kg
電源 三相200V 15kw

クレイパー CREIPER:いま、ご使用中の「クレープ焼き機」を使って円形成型が自動化できる究極のクレープ成形機

製品の特長

  • 経験不要。器具などを使わず、エアーの力でクレープを円形に自動成形!
  • クレープの直径、厚さなどをダイヤル設定で任意に変更可能!
  • 成形のためのエアーは除菌フィルターなどで三重に精密ろ過され、衛生的!
  • 市販のほとんどのクレープ焼き機とのジョイントが可能!
  • 100ボルト電源でOK!

適応できる「電気式クレープ焼き機」、「ガス式クレープ焼き機」について

クレイパーはニチワ電機 ㈱ 製、エイシン電機 ㈱ 製などほとんどの「電気式クレープ焼き機」のほか、「ガス式焼き機」にもジョイントしてご使用できます。

※ご検討の際は「焼き機」を置く、クレイパーのステンレス製台の寸法や、鉄板面からエアノズルまでの距離をかならずご確認ください。

CRIPER単独の状態CRIPERと他社製のクレープ焼き機を組み合わせた状態

オプション

  • クレープを連続して大量調理する場合、クレイパーと「生地溶液の自動供給機」との連結が可能です。当社あてご相談ください。
  • 鉄板2枚型焼き機用“2連式クレイパー”も受注製作できます。

クレイパーを使った調理の手順

  1. ① クレープ焼き機の鉄板温度を適温に加熱しておきます。
  2. ② あらかじめクレイパーのエア量、成形時間(秒)をダイヤル設定します。
  3. ③ 定量スプーンなどを使って、クレープ生地を鉄板の上に置きます。
  4. ④ クレイパーのスイッチをON
  5. ⑤ エアーが噴射されて数秒で生地が円形に広がります。
  6. ⑥ 焼き上がりを待って、スクレーパーなどですくい取ります。

成型の紹介動画(撮影協力:大阪府和泉市「くだもの王国 アオイ農園」さま)

クレイパー・システムの仕様

1 クレイパー
最大高さ 714mm
最大幅 506mm
最大奥行 600mm
総重量 25kg
  • ※「クレープ焼き機」を置くステンレス台の寸法  横幅 500mm 奥行 500mm
  • ※「クレープ焼き機」は鉄板の中心にノズルのエアーがあたるようにクレイパーの台の上に定置します。鉄板の水平度が必要です。
  • ※クレイパーの台座面からエアーノズルまでの高さは525mm。「クレープ焼き機」の鉄板面からエアーノズル先端までの高さは250~320mm前後の空間を確保してください。
2 エアーパネル
電源 AC100V
寸法(mm) 600(全長)×256(奥行)×691(高)
重量 12kg
3 エアードライヤー
電源 AC100V
寸法(mm) 660(全長)×394(奥行)×662(高)
重量 31kg
4 エアコンプレッサー(標準品)
電源 AC100V
タンク容量 36L
騒音値 70デシベル(※「静音タイプ」もご用意可能)
寸法 715(全長)×300(奥行)×670(高)
重量 40kg
お求めやすく、月々の負担が少ない「リース販売」も承っています。

メニュー

里吉製作所について

食品の加熱・焼成を中心とする食品機械の開発・製作メーカーであると同時に、
『味感工房』ブランドの各種「(冷蔵・冷凍)お好み焼」など、鉄板焼き調理食品の量産、販売にも取り組んでいます。
当社独特の発想は、国内外でも評価を受けており、
「ものづくり日本大賞」(主催:経済産業省)を受賞しました。

関連サイト

チルド・冷凍 広島風お好み焼専門 味感工房
(チルド・冷凍)「広島流お好み焼」など鉄板焼き食品の量産・販売 <当社 食品事業部>
広島風お好み焼総合通販サイト おこ市
各種お好み焼、専用ソース、専用ツールなどの通販・情報デパート。
だいがら本舗「杵つき屋」だいがら
和のスイーツ、麺類などの新規ビジネスのご提案。人口の高齢化などにより人気上昇中。